東京散歩(世界らん展・迎賓館他)2017/02/14 09:15

2/13(月)世界らん展の無料チケットを入手したので、女房と一緒に東京散歩に出掛けた。ついでに迎賓館の朝日の間の期間限定の公開があったので回った。早朝、神峯営業所発6:15の高速バスに乗り、東京ドームに直行した。世界らん展の今年のテーマは「蘭にときめく」であり、宝塚歌劇団・月組トップスター珠城りょうさんのオーキッド・ミューズ就任等で華やかに開幕した。今年の大賞は、デンドロビューム・グロメラタム‘ロング ウェル’ 種名:Den. glomeratum ‘Long Well’氏名:永井 清 地域:神奈川県が受賞した。受賞作品と優秀賞の写真をアップする。約1.5時間程見て昼食を摂り、早春の梅の花がチラホラ咲く隣接の小石川後楽園に移動し散策した。その後、水道橋から四谷に移動し迎賓館に向かった。入口に大勢の人が行列になって待っていた。セキュリテイチェックのため、入場するまで約1.5時間かかった。予想外の時間ロスである。館内は撮影禁止であったので記録に残せなかった。「朝日の間」について解説する。朝日の間とは、天井に描かれた「朝日を背にして女神が香車を走らせている姿」の絵に由来する。周囲の16本の円柱はノルウェー産の大理石で、壁には、京都西陣の金華山織の美術織物が張られ、床には、紫色を基調とした47種類の糸を使い分けて桜花を織り出した緞通が敷かれている。この部屋は国・公賓用のサロンとして使われ、ここで表敬訪問や首脳会談等の行事が行われる。他の部屋も素晴らしかったが、意外と狭いと感じた。正面玄関や主庭等の外観を撮影し退館した。夕方になったので、秋葉原に戻りマーチエキュート万世橋にて夕食を摂りお茶を飲みながら一服した。帰りは9:10の高速バスで帰った。







コメント

トラックバック