時代の証!宮澤桜2017/04/28 22:43

4/28(金)早朝6:15に家を出発し、上君田生活改善センターに6:40に着いた。家を出る時は空一面の曇りであったが、上君田に着くと青空が広がり、絶好の撮影日和になった。30分程撮っていると青空が消え朝日が射さなくなり、空一面雲に覆われてしまった。ここで、宮澤桜について解説してみたい。この山桜は、樹齢約250年、樹高約15m、幹回り約5mと堂々とした風格ある桜である。しかし、幹などに痛みが目立つようになってきた。そこで、2年程前に地元集落の11人が中心となって守る会「桜賞(おうしょう)会」を結成。高齢化で集落人口が少なくなる中、「この桜が集落のシンボルになり、花が咲くたび多くの人が集まる場所になれば」。そんな願いを込めて、みんなで草刈り、消毒、施肥等桜の木の管理を行っている。私達も応援したいと思っている。





コメント

トラックバック