雨中激走!甲冑競馬2018/08/02 16:15

7/28~7/30に「相馬野馬追」の写真撮影に行ってきた。特に7/29に行われる甲冑競馬と神旗争奪戦を撮るため、1日前の7/28早朝4:30に自宅を出発し、会場の雲雀ケ原祭場に6:30に着いた。甲冑競馬のベスト撮影場所である第1コーナーは既に場所取りされていた。少し空いている所に割り込み三脚を柵に括り付け、一番近い本陣前駐車場に車を停めた。7/28は人出も疎らで出陣式、お行列、宵乗り競馬等の行事で比較的暇であった。よって、各地から撮りに来た写真愛好家の方達と談笑し時間を潰した。台風の影響もあり夕方から雨になってしまった。夜は道の駅「南相馬」の駐車場で初めての車中泊をした。近くに日帰り入浴施設、すき家、コンビニがあり、ゆっくり入浴し、夕食を摂り、車の窓にサンシェードを取り付け個室にし、リラックスして泊まることができた。7/29は予報に反し天候に恵まれず、強い雨が断続的に降り、泥んこの甲冑競馬となった。ここで、簡単に野馬追の由来を記述しておく。相馬家の祖と云われる平将門は一千有余年の昔、新しい軍事力として馬の活用を考え、下総国葛飾郡小金ケ原に野生の馬を放牧し、関八州の兵を集め、野馬を敵兵に見立て野馬を追い、馬を捕える軍事訓練として、また、捕えた馬を神前に奉じ、祭礼として行ったのに始まったと云われている。その後、元亨3年(1323年)に相馬氏は奥州、行方郡(現在の南相馬市)国替えとなり、現在まで勇壮な行事が連綿と続いているのである。








コメント

トラックバック