人生戦略100年時代2017/02/17 09:38

  昨日の茨城新聞のコラム欄「いばらき春秋」にも出ていましたが、「ライフシフト」(著者リンダ・グラットン)が話題となっています。この本は長寿時代の人生戦略がテーマとなっています。2007年に日本で生まれた子どもの半分は、107歳以上生きることが予想されると云うことです。つまり、100年以上生きる時代がやってきたのです。長寿時代では、従来の人生の基本となる「教育→仕事→引退」と云う「3ステージ」の生き方はもう通用しないと云うことです。今後は3ステージを順に辿る生き方ではなく、様々な状況に対応する「マルチステージ」の生き方をするようになるだろうと予測されています。長寿社会の100年時代に生きるためには、お金も大切ですが、次の3つの無形資産が重要になってきます。その3つの資産を解説致しましょう。
1.生産資産(仕事で成功し所得を増やすのに役立つ)
 ①スキルと知識、②仕事仲間、③個人的な評判
2.活力資産(肉体的・精神的な健康と幸福)
 ①身体的健康、②バランスの取れた生活、③友人関係、④家族との良好な関係
3.変身資産(人生途上での変化と新しいステージ移行の意志と能力) 
  ①自分の能力、②人的ネットワーク、③ポジテブ志向
 以上、人生100年時代のポジテブな側面について述べましたが、課題も沢山あります。例えば、生まれた時点で所得格差がある貧困な子どもの増加、若年層の婚姻率低下、離婚率の増加、家庭崩壊等が挙げられます。これらの各種格差により医療格差も広がり、老年になって健康格差、平均寿命格差も広がる恐れも出ています。
 これからは、マルチステージになります。従来の3ステージにこだわらず、挽回のチャンスも多くなると思いますので、自分の今を見直し頑張って欲しいと思います。併せて、政府、企業、社会、学校等も適切なセーフティネットを構築して頂きたいと思います。
 私も71歳になりましたが、何となく未来に対して不安がありますが、人生100年時代にはまだまだ時間があります。再度人生設計を見直し、明るく健康で有意義な人生を送りたいと思います。皆さん!ポジティブに生きましょう。
 
 
 
 


東京散歩(世界らん展・迎賓館他)2017/02/14 09:15

2/13(月)世界らん展の無料チケットを入手したので、女房と一緒に東京散歩に出掛けた。ついでに迎賓館の朝日の間の期間限定の公開があったので回った。早朝、神峯営業所発6:15の高速バスに乗り、東京ドームに直行した。世界らん展の今年のテーマは「蘭にときめく」であり、宝塚歌劇団・月組トップスター珠城りょうさんのオーキッド・ミューズ就任等で華やかに開幕した。今年の大賞は、デンドロビューム・グロメラタム‘ロング ウェル’ 種名:Den. glomeratum ‘Long Well’氏名:永井 清 地域:神奈川県が受賞した。受賞作品と優秀賞の写真をアップする。約1.5時間程見て昼食を摂り、早春の梅の花がチラホラ咲く隣接の小石川後楽園に移動し散策した。その後、水道橋から四谷に移動し迎賓館に向かった。入口に大勢の人が行列になって待っていた。セキュリテイチェックのため、入場するまで約1.5時間かかった。予想外の時間ロスである。館内は撮影禁止であったので記録に残せなかった。「朝日の間」について解説する。朝日の間とは、天井に描かれた「朝日を背にして女神が香車を走らせている姿」の絵に由来する。周囲の16本の円柱はノルウェー産の大理石で、壁には、京都西陣の金華山織の美術織物が張られ、床には、紫色を基調とした47種類の糸を使い分けて桜花を織り出した緞通が敷かれている。この部屋は国・公賓用のサロンとして使われ、ここで表敬訪問や首脳会談等の行事が行われる。他の部屋も素晴らしかったが、意外と狭いと感じた。正面玄関や主庭等の外観を撮影し退館した。夕方になったので、秋葉原に戻りマーチエキュート万世橋にて夕食を摂りお茶を飲みながら一服した。帰りは9:10の高速バスで帰った。







東京散策バスツアー2017/01/26 14:28

1/25(水)日常利用しているスーパーの日帰りバスツアーの抽選に当たったので、女房と一緒に東京を散策してきました。コースは、葛西臨海公園(水仙鑑賞)→築地場外市場(昼食)→東京タワー(展望台)→日の出桟橋(水上バス)→浅草(浅草寺・六区)でした。当日は絶好の天気にも関わらず平日(水曜日)であったので、休日の店が多かったためか観光客も少なくのんびりしたツアーでした。葛西臨海公園の観覧車は装置点検のため休み、水仙は時期尚早でした。築地場外市場は、今年の初競りで大間の鮪212kgを7,420万円で競り落とした社長の店「すしざんまい」の前は、通路が狭いので大混雑でした。東京タワーは、上の展望台が工事中のため上がれず、中学校生徒の団体、若い家族連れが来ている程度でした。その後、日の出桟橋から浅草吾妻橋まで水上バスで移動し、浅草を散策しました。仲見世は所々休日の店等があり観光客も少なめでした。浅草寺の近くに外側がカリカリ、中はふんわりの「めろんぱん」が人気の浅草花月堂に行き、行列の後に並んで「めろんぱん」を買って帰りました。











東京散歩2017/01/10 16:03

今年は義母の喪中のため、新年は静かに過ごしていましたので、1/6(金)女房と一緒に東京を散歩してきました。早朝、高速バスで日立を発ち、東京駅に9:40に到着致しました。東京ビックサイトでは東京消防庁の出初式が開催されていましたが、混雑するので羽田空港に向かいました。幸い快晴でしたので、富士山をバックに飛び立つ飛行機を撮ろうと国内線第一旅客ターミナルの展望台に上り、国際線旅客ターミナル方向にカメラを構えて待っていましたが、風向きの関係で離陸する飛行機は皆無で残念でした。国際線旅客ターミナルに移り、江戸の雰囲気の飲食街で昼食を摂り、一休みしてから秋葉原の万世橋に移動しました。マーチェキュート万世橋店でコーヒーを飲み、神田川に架かるレトロなレンガ作りの旧万世橋駅舎を撮りました。ここは夕方が良い写真を撮れそうです。その後、新宿の東京都庁に行き、第一庁舎の展望室に上り写真を撮りました。展望室に上がるには、持ち物検査がありましたので、エレベータの前は大変混雑し2回程待ちました。展望室に上がって見ると結構混雑していました。360度の東京夕景、夜景の写真を撮り引き揚げました。東京駅に戻り丸の内界隈で写真を撮ったあと、八重洲地下街で夕食を摂り、9:10の高速バスで帰りました。







2017年!希望を持って2017/01/02 14:43

2017年が明けました。酉年の私は6回目の年男を迎えます。昨年は日本列島を襲った地震災害、台風による土砂災害で生活を脅やかされました。一方、世界をみると排他的な主張で大衆を扇動するポピュリズムの台頭、英国のEU離脱、見通せないトランプ政権の行方等で難しくなった日本の立場、今年も不確定な世界情勢が続きそうです。翻って私の今年の目標は、脳力、筋力の衰えを補うべく、3年連記の日誌に5つの今年の目標を立てました。ここで目標は公表しませんが、日々頑張って行きたいと思っています。元旦恒例の高浜海岸の神輿渡御に行き、今年の安寧と健康を祈念し、シャッターを切ってきました。







平成28年を振り返って2016/12/31 21:18

平成28年も残すところ2時間になりました。今年の初めに平安な1年を祈願致しましたが、振り返ってみると激動の一年でした。読売新聞が集計した今年のニュースを取り上げてみましょう。先ず国内の10大ニュースは、【1位】熊本地震50人死亡、【2位】都知事に小池氏、【3位】リオ五輪メダル41個、【4位】天皇陛下退位のご意向、【5位】米大統領が広島訪問、【6位】大隅さんノーベル賞、【7位】北海道新幹線開業、【8位】障害者施設19人刺殺、【9位】18歳選挙権施行、【10位】「ポケモンGO」日本で配信開始。海外の10大ニュースでは、【1位】米大統領にトランプ氏、【2位】英国民投票「EU離脱」、【3位】朴氏友人の国政介入疑惑、【4位】ノーベル文学賞ボブ・ディランさん、【5位】パナマ文書公開で波紋、【6位】オバマ大統領キューバ訪問、【7位】北朝鮮初の「水爆実験」発表、【8位】国主導露ドーピング、【9位】ミャンマー新政権発足、【10位】カストロ前議長死去。私の今年の10大ニュースは、【1位】人間ドック検診数値低下、【2位】トラクター新車購入、【3位】義母93歳で逝く、【4位】デジカメパソコンクラブに入会、【5位】走行式草刈り機購入、【6位】主力野菜玉葱不作、【7位】地区の集落営農組織解散、【8位】寿安心隊・自主防災隊入会、【9位】年度目標未達成、【10位】写真技術向上でした。各出来事は今年の事実として受け止め、来年は一つ年を重ねるので、脳力と筋肉の低下を防止するため、農作業にも写真撮影にも社会福祉にもスポーツにも積極的に取り組み、毎日が充実した時間にしたいと思います。皆様に今年もお世話して頂き有難うございました。来年も宜しくお願い申し上げます。


ゆりかもめ沿線散歩2016/11/28 23:58

11/26~27に友達の引っ越しに合わせ、ゆりかもめ沿線の浜離宮公園及びお台場に行き写真を撮ってきた。11/26は紅葉の時期でかつ土曜日であったため、観光客も多かった。浜離宮の紅葉は丁度見頃で、快晴の青空に良く映えていた。夕方にお台場に移動しレインボーブリッジや自由の女神をバックに夜景写真を撮った。







燃える大子の里2016/11/17 18:46

11/17(木)真っ盛りの紅葉を求めて大子町に行ってきた。先ず、もみじ寺で有名な永源寺に行った。朝の9:30頃であったが駐車場に車が次々に入ってきた。今日は快晴でもみじも見頃で絶好の日和である。早速、バックからカメラを2台取り出し、それぞれに広角ズームレンズ、望遠ズームレンズを装着し寺に上った。境内には素晴らしい紅葉の被写体が待っていたので次々にシャッターを切った。2時間程撮って引き揚げた。午後、折角きたので袋田の滝に行くことにした。町営の無料駐車場に車を止め、トランクより折り畳み自転車を取り出し、料金所のあるところまで行った。次々に訪れる観光バス、車で道路は数珠つなぎの大混雑であった。300円の入場料を払って観瀑台で写真を撮った。さっさと写真を撮り引き揚げた。








歴史館銀杏まつり2016/11/16 00:52

11/13(日)に茨城県立歴史館の「銀杏まつり」に行ってきた。当日は茨城県民の日であったため、歴史館、偕楽園の駐車場が満杯であった。辛くも偕楽園の桜山駐車場が空いていたので止め、折畳自転車で歴史館に行った。園内では高校生達のイベントがあちこちで催されていた。また、七五三のお参りに合わせ記念写真を撮っている家族、婚礼衣装を着て記念撮影をしているカップルとその仲間、和んだ一時に銀杏並木も青空をバックに金色に輝き祝福していた。園内は夕方17:30よりライトアップされ、暗闇に金色の銀杏が浮き上がり多くの人で賑わった。








夜空を焦がす松明あかし2016/11/14 22:53

11/12(土)須賀川の「松明あかし」祭りに写真を撮りに行ってきた。このお祭りは「日本3大火祭り」と云われている。この祭りの由来を調べてみると、今から427年前の天正17年(1589年)6月、伊達政宗は、会津黒川城(後の若松城)主芦名氏を滅ぼし、その余勢をかって須賀川城を攻撃しようと画策した。このときの須賀川城主は二階堂盛義の後室大乗院で、政宗の叔母でもあった。また、政宗が攻撃した会津黒川城主芦名氏の先代城主芦名盛隆は、大乗院の嫡子であり、滅ぼされた当時の城主芦名義広は、大乗院の孫婿であったことから、大乗院は政宗に降伏することを快しとしなかった。政宗の計略を知った二階堂家の家臣や領民たちは、10/10の夜、手に手に松明を灯し、町の東の丘(十日山)に集まった。そこで、決死の覚悟で須賀川城を守ることを決議し、城主である大乗院に進言したのである。10/26未明、伊達政宗は大軍を率い釈迦堂川を挟んで合戦の火ぶたが切られた。須賀川勢は劣勢にももかかわらず善戦し、敵味方入り乱れての壮絶な戦いとなった。一進一退の激しい戦いが続いたが、伊達政宗に内通していた者が、城本丸の風上にあった寺に火を放ったため町中が火の海と化し、須賀川城も多くの家臣とともに炎に包まれ、文治5年(1189年)から400年間南奥州の雄として権勢を誇った二階堂家、須賀川城は遂に落城してしまったのである。須賀川の兵は、本城落城後も踏みとどまって戦い、ほとんどの兵が討ち死にしてしまった。「松明あかし」は、この戦いで討ち死にした多くの人々の霊を弔うために行われるようになったのである。