台風一過の秋晴れ2017/09/18 22:59

9/18(月)今日は台風一過の秋晴れ、敬老の日でもある。日中は水戸で34℃にもなったそうである。幸い台風の被害が無かったので、大子町佐貫地区まで行き、彼岸花の写真を撮ってきた。秋晴れの中で稲刈りをしていた田圃もあった。








熱く爽やか!サーフィン大会2017/09/12 02:52

9/9(土)早朝5:00に家を出発し、大洗サンビーチで開催されたサーフィン大会に行ってきた。朝7:00に出場選手の受付が始まる。駐車場に続々車が到着、真っ黒に焼けた選手達で満杯になった。大会は主催者の挨拶、競技ルール説明等があり開始。競技はサンビーチを二つに分け、Aゾーン、Bゾーンに分かれ、競技時間12分間で争われた。競技場付近には選手の家族、友達もウエットスーツに身をまとい楽しんでいた。事務局に写真撮影の許可を得て競技会場の選手達を撮影した。











熱気沸騰!浅草サンバ2017/09/01 17:19

8/26(土)~27(日)に、友達と春より計画していた1泊2日の東京の祭りの写真撮影に行ってきた。1日目は恒例の「浅草サンバカーニバル」である。撮影場所取りのため、朝8:00より雷門通りの沿道で約5時間待った。当日は天候が心配されたが、案の定15:00頃より小雨の中での祭り撮影となってしまった。天候は途中から水入りとなったがサンバの祭りは熱気沸騰!多くの観衆を巻き込み13:00に始まり18:00まで続いた。次の日は、朝8:00過ぎに起き、10:00から表参道で開催されている「スーパーよさこい祭り」に参加し写真を撮った。夕方17:00頃まで撮っていたが、疲れて身体が動かなくなり、「高円寺の阿波踊り」の写真撮りは体力限界のため断念した。1日目のサンバカーニバルの写真をアップする。










コスモスが咲いた!ひよっこの里2017/07/28 22:51

7/28(金)の昼頃、ひよっこの里のコスモス畑に写真撮りに行ってきた。先日(7/17)行ったときは数えるほどしか咲いていなかったが、可憐なコスモスの花が多数咲き、風に揺れていた。コスモスの栽培している田圃の畔には、イノシシ避けの電気柵が張りめぐされていた。撮影の許可を得るため、近くの畑で作業していた方に声をかけたところ、私の女房がJAの婦人部でお世話になった方であった。コスモスはまだ満開にはなっておらず、8月上旬頃満開になるのではないかとのお話しであった。お話したあと幾つかのアングルからシャッターを切った。8月になったら再度来てみたい。









炎天下!若さ弾ける2017/05/24 11:01

5/21(日)常陸国Yosakoi祭り(第14回YOSAKOI茨城大会)が、大子町内7会場で開催された。この大会は5/20~21の2日間に亘って開催され、全国から約70チームが参加し炎天下の中、各賞を目指し若さ弾ける演技を披露してくれた。私も毎年混雑の少ない本町通りで撮影していたが、今年はメインの駅前通りの流し踊り第2会場の正面に陣取りし撮影するべく、早朝6:40に家を出発し会場に7:40に着いた。既に常連のカメラマンが数人所定の場所を確保するべく待機していた。私は新参者のため挨拶し仲間に入れてもらった。皆さん気さくに受け入れて頂き楽しく撮影することができた。皆さんに色々な撮影情報や撮影技術等を教えて頂きお礼を云いたい。本当に有難うございました。








五穀豊穣の舞2017/05/07 00:00

今年も5/5(金)花園神社の例大祭「ささら舞」の写真を撮ってきた。この「ささら舞」は、3人の小学生が演じる獅子は豊作と恙ない暮らしを願って踊る。 その起源は古く、源頼義、義家父子が奉納したのが始まりであるといわれており、今日まで約900年の間、受け継がれている伝統行事である。 静かな山間の中で舞うこども達の姿に昔を思い出させる。








常陸大津の御船祭2017/05/04 01:00

5/3(水)大津町の御船祭に行ってきました。このお祭りは佐波波地祇神社の例大祭で、5年に1度、5月2~3日に開催される春の大祭ですが、今年3月に国の重要無形民俗文化財の指定を受け臨時に開催されました。神輿を載せた神船は午後2時頃に、御船歌や囃しにあわせ300人ほどの曳き手に曳かれ、船底にソロバンとよばれる木枠を敷きながら、20、30人の若者が船縁にとりつき左右に揺らしながら木枠の上を滑らすように曳き、沿道の多く見物客の喝采を受けておりました。大津の街は津波で大きな災害に見舞われましたが、学年毎に結成された若者が会を結成し頑張っている姿が印象的でした。私達も復興を応援したいと思います。







時代の証!宮澤桜2017/04/28 22:43

4/28(金)早朝6:15に家を出発し、上君田生活改善センターに6:40に着いた。家を出る時は空一面の曇りであったが、上君田に着くと青空が広がり、絶好の撮影日和になった。30分程撮っていると青空が消え朝日が射さなくなり、空一面雲に覆われてしまった。ここで、宮澤桜について解説してみたい。この山桜は、樹齢約250年、樹高約15m、幹回り約5mと堂々とした風格ある桜である。しかし、幹などに痛みが目立つようになってきた。そこで、2年程前に地元集落の11人が中心となって守る会「桜賞(おうしょう)会」を結成。高齢化で集落人口が少なくなる中、「この桜が集落のシンボルになり、花が咲くたび多くの人が集まる場所になれば」。そんな願いを込めて、みんなで草刈り、消毒、施肥等桜の木の管理を行っている。私達も応援したいと思っている。





松岡小アプローチ広場の桜2017/04/17 08:07

松岡小学校の傍にアプローチ広場と云う憩の広場がある。ここの桜が見事で私は大好きだ。4/14と4/17に桜風景を撮るために訪れた。私の母校小学生時代を思い出しながら写真を撮った。ここで、松岡地区について記載してみたい。松岡地区は江戸時代に長く徳川御三家水戸藩の附家老・中山氏が知行支配したところであった。したがって、松岡藩といえば一般には中山氏のイメージが強い。しかし、江戸時代の初期の当地方は20年間戸沢氏(政盛)が4万石を領有し、龍子城を補修拡張し松岡城の基礎を築いた。城下の町割りの原形も戸沢氏が作ったと云われている。その後、戸沢氏は1622年に出羽新庄に移封され、新庄藩6万石の祖となった。昔に思いを馳せながら、私の心のキャリブレーションをする場所でもある。







日本のさくら名所100選の桜2017/04/14 14:42

4/13(木)高校時代のテニスクラブの1泊懇親会に行く途中、日立市の神峰公園、平和通りの桜が満開と聞き写真を撮った。神峰公園は、動物園、遊園地、レジャーランド、市民プール、ホリゾンかみね等が併設され、ファミリーで楽しむのにピッタリな公園で、桜の木の下で家族連れが楽しんでいた。ここの桜は例年4月上旬から中旬まで、ソメイヨシノを中心にヤエザクラなど約1000本の桜が楽しめ、「日本さくら名所100選」にも選ばれている。昼食後、日立駅前の平和通りに移り、通りがトンネルになった桜の写真を撮った。平和通りは戦災復興の中、昭和26年に開通し、およそ1キロメートルの道のりに沿ってソメイヨシノが約120本植えられている。その美しさは、神峰公園とともに日本さくら名所100選に選ばれている。夜のライトアップ、ファンタジーな世界へいざなう平和通りでもある。