取り戻そう!豊かな人生2017/03/15 14:30

田舎暮らしを捨て都会暮らしに憧れる。そして、マネー資本主義に取り込まれて行く。100年前に始まった豊かさを求めて発展した経済至上主義。この常識は世界中に広まりグローバル経済体制となった。ところが世界中が同じ常識で豊かさを追い求めてきたが、牽引してきたアメリカ経済が息切れを起こし、市場は賃金の安い新興国に奪われていった。凋落したアメリカ経済は、実態のないお金でお金を生み出す金融商品を作るマネー経済に突入してしまった。その馴れの果てがリーマンショクであった。実態のない経済の魔法が解けてしまったのである。その後遺症として信用不安を拡大させたユーロ危機、税収不足の日本国債1000兆円、先進国の長期金融緩和策でも経済再生無し、貧困になった中流階級の不満爆発、抜本的な政策を打てない現状政治に愛想をつかしたアメリカやEU各国でポピリズムの台頭。グローバル世界は分裂の危機にある。そんな中で、今最も必要なのは「やくざなマネー経済」から「かたぎの経済」に変えなければならないことだ。それが藻谷浩介氏他が提唱する「里山資本主義」なのだ。お金を出せば何でも手に入る都会暮らし、お金を稼ぐために子供を保育園に、朝から晩まで猛烈に働き、食事を作る暇もなくコンビニや外食三昧、靴下を洗濯する暇もなく新品購入、疲労困憊で休日はごろ寝。これで本当に豊かな人生なのか。頑張ったが会社はリストラ倒産。自分の人生は何だったのか。そんな時が突然やってくる。一時も早く自分の故郷の里山に戻るべきだ。里山には、お金に変えられない自然と、ご近所同志の絆や人間性がある。里山で豊かな人生を取り戻すのだ。



人生戦略100年時代2017/02/17 09:38

  昨日の茨城新聞のコラム欄「いばらき春秋」にも出ていましたが、「ライフシフト」(著者リンダ・グラットン)が話題となっています。この本は長寿時代の人生戦略がテーマとなっています。2007年に日本で生まれた子どもの半分は、107歳以上生きることが予想されると云うことです。つまり、100年以上生きる時代がやってきたのです。長寿時代では、従来の人生の基本となる「教育→仕事→引退」と云う「3ステージ」の生き方はもう通用しないと云うことです。今後は3ステージを順に辿る生き方ではなく、様々な状況に対応する「マルチステージ」の生き方をするようになるだろうと予測されています。長寿社会の100年時代に生きるためには、お金も大切ですが、次の3つの無形資産が重要になってきます。その3つの資産を解説致しましょう。
1.生産資産(仕事で成功し所得を増やすのに役立つ)
 ①スキルと知識、②仕事仲間、③個人的な評判
2.活力資産(肉体的・精神的な健康と幸福)
 ①身体的健康、②バランスの取れた生活、③友人関係、④家族との良好な関係
3.変身資産(人生途上での変化と新しいステージ移行の意志と能力) 
  ①自分の能力、②人的ネットワーク、③ポジテブ志向
 以上、人生100年時代のポジテブな側面について述べましたが、課題も沢山あります。例えば、生まれた時点で所得格差がある貧困な子どもの増加、若年層の婚姻率低下、離婚率の増加、家庭崩壊等が挙げられます。これらの各種格差により医療格差も広がり、老年になって健康格差、平均寿命格差も広がる恐れも出ています。
 これからは、マルチステージになります。従来の3ステージにこだわらず、挽回のチャンスも多くなると思いますので、自分の今を見直し頑張って欲しいと思います。併せて、政府、企業、社会、学校等も適切なセーフティネットを構築して頂きたいと思います。
 私も71歳になりましたが、何となく未来に対して不安がありますが、人生100年時代にはまだまだ時間があります。再度人生設計を見直し、明るく健康で有意義な人生を送りたいと思います。皆さん!ポジティブに生きましょう。
 
 
 
 


八ツ場ダムの今2015/10/21 10:11

研修旅行の途中八ツ場ダム(やんばダム)に立ち寄った。このダムは利根川の支流である吾妻川の中流部、群馬県吾妻郡長野原町川原湯地先に建設が進められている多目的ダムである。完成すれば関東1都5県(神奈川県を除く)の水がめとしてのダムとなる。昭和27年に計画されたが、当初は水没予定地域の頑強な反対運動、その後、建設計画及び住民の生活再建の見直しが行われ着工、平成21年民主党による政権交代で建設が中断、そして自民党政権に戻り、平成32年完成予定で建設続行中である。この建設費は補償費、建設費その他を含めると8,000億円とも云われ、国内最大の公共事業である。茨城県も約500億円出資していることは殆どの人が知らないだろう。私の率直な感想として、立派な橋、温泉プール付の小学校、補償費を貰って移転する住民、これらは全て税金である。何か空しい気持ちになった。工事中の川底と高台に移転した建物の写真をアップする。





健康寿命を伸ばそう2015/10/07 17:23

私は今年70歳になって健康の大切さをしみじみ感じている。昨日(10/7)に厚労省は、2013年度に治療で医療機関に支払われた国民医療費が、40兆円を越したと発表した。年間の医療費が40兆円を突破するのは初めてである。国民1人当たり約31.5万円となる。65歳以上の1人当たりは約72.5万円で、65歳未満1人当たり約18万円に比較し約4倍になっている。これは、高齢化による罹病率アップや医療技術の高度化などが主な要因である。医療費抑制には、病気を予防し如何に健康寿命を延ばすかにかかっている。健康寿命とは、健康上の問題がなく日常生活を普通に送れる状態を指す。2013年の健康寿命は、男性が約71歳、女性が約74歳だそうだ。しかし、健康寿命と平均寿命の差は、男性で約9年、女性で約12年あるが、この期間は介護など人の手助けが必要となる。いくら平均寿命が伸びても、晩年は寝たきりという人生を私たちは望んでいない。人間が自立して人間らしい生活を送ることが最も大切で、平均寿命ではなく健康寿命を伸ばさなければならない。しかし、健康寿命を伸ばすためには何をすればいいのだろうか。ある記事によると、「テクテク・カミカミ・ニコニコ・ドキドキ」などと云われている。これは適度な運動(テクテク)、3度の規則正しい食事(カミカミ)、心の健康(ニコニコ)、五感を使った感動(ドキドキ)が大切である。普通に規則正しく働いていればこれらの要件はほぼ満たされるが、仕事を辞めて家にいると、これらの要件を毎日充足することはかなり難易度が高くなる。つまり健康寿命を伸ばそうとすれば、少なくとも70歳ぐらいまでは、働きたい人はすべて働けるような社会環境を整えること、個人的には、家に閉じこもらず積極的に社会に出て活動することが必要なのだ。ヨーロッパの高齢者ホームでは、ヘルパーが朝起こしに来て朝食に連れ出した後、個室には鍵をかけると云う。つまり部屋の住人は、医者の指示で横になる必要がある場合を除いて、夕食が終わるまで自分の個室には戻れないようにしているのだ。個室に自由に入れるようにすると、人はついつい安楽を求め、ベッドに横になる確率が高くなるという。すると、すぐに足腰が弱まってしまう。従って多少辛くても、リハビリルームや図書室、庭や町への散歩などで時間を費やす方が高齢者のためになるというのだ。私は頸椎と脊椎を患っているが、約40アール(40m×100mの広さ)の畑を耕し、夕方スポーツクラブで汗を流し、筋肉増強を図っている。内科疾患については、1回/年の人間ドックで確認している。お陰様で一時より健康になってきた。

遅れ気味の開花2015/02/28 16:59

2/28(土)日立市の教育プラザで開催されている日写連の写真展に行ってきた。今回私は出展していないので肩身が狭かった。入賞した写真に共通するものは、鑑賞者を引き付ける中身があることだ。私の手持ち作品には、自分を納得させる写真が無かったので、鑑賞者を納得させることはできず今回出展を見送った。日常の出来事や風景を写真に取り込む感性がまだまだ未熟であることを思い知らされる。気分転換のため帰りに諏訪梅林に行ってみたが、梅の花は殆ど咲いていなかった。感性を身につけたら開花してやると云っているようだった。

寂しそうな放牧牛2013/10/28 01:04

小山ダムまつりの後、常陸太田市里美を回って帰った。途中風車のある牧場で有名な「プラトーさとみ」に寄った。抜けるような青空であったが朽ちたかけたオランダ風車、倒木で通れない道、数頭で寂しそうな放牧牛に冷たい風が容赦なく吹き付けた。その隣で風力発電の白い風車が音を立てて回っていた。

新成人頑張って!2013/01/13 22:42

2013年1月13日(日)日立市の成人式  早朝からの着付けを終えて日立市の成人式に集合。今年の成人式のテーマは、 「バンザイ 二十歳になれてよかった」でした。2096名の新成人の皆様おめでとうございます。

間もなく作付準備2012/02/17 22:51

今年で圃場整備も4年目を迎える。第2-2工区の水田仕上げ整地工事を進めているが、昨年の震災で漏水した溜池の修復、給排水工事の進捗がちょっと心配である。聞くところによると東北の震災復旧工事に作業者が取られ手不足になっているとのことである。(写真は完成した排水路)

新しい人生観のスタートの年2012/01/01 21:49

今年は喪中のため新年のご挨拶は控えさせて頂きます。昨年の大震災で人間の生き方、自分の人生観が大きく変わりました。今まで私は漠然とした人生観しか無く、足元の目標に向かってガムシャラに頑張ってきましたが、今後は自分の生命を意識した人生観・生き方が必要であることが分かりました。いつ来るか分からない自然災害、いつ遭遇するか分からない交通・原発事故、そして身体の病気・老化があり自分の生命は想定できません。よって、残りの人生は少しでも安全で健康な生き方を選択し、その上に立って過去を整理し、今後の人生の目標、毎日の目標を設定したいと思います。昨年の暮れに5年併記の日記帳を買い本日より書くことにしました。今年はその新しい人生観、生き方に基づいたスタートの年にしたいと思っています。「残りの人生を5年毎に区切って頑張れたらいいな!」と考えています。

民生委員の役割と絆の大切さ2011/07/26 19:07

私は昨年の改選により地区の民生委員を委嘱されたが、当時私は高齢の両親を自宅で介護しており、他人まで面倒をみる余裕が全くなく民生委員など務まらないと思っていた。しかし、人の面倒をみる余裕云々の前に、途切れがちな地域の絆を作ることが、最大の役目ではないか思い受諾した。民生委員とは、「社会奉仕の精神を持って、常に住民の立場になって相談に応じ、及び必要な援助を行い、社会福祉の増進に努めること」を任務としている。また、民生委員は児童委員も兼ね、児童および妊産婦の健康や生活状態を把握して必要な援助を行うことになっている。委嘱されて初めて職務の重要性と、地域の絆が少なくなっていることを実感した。このように民生委員は現在の社会で非常に重要な任務を負っている。民生委員は業務の性質上、個人や世帯の情報が必要となるが、個人情報保護法が大きな影響を与えていることも分かった。例えば、お年寄りの安否確認も満足に行えないなどの弊害が発生している。地方自治体も民生委員への個人情報提供が慎重になったり、援助が必要な人も個人情報保護法を盾に名簿作成のための情報提供を拒否したり、マンション等の管理人が居住者の情報の提供を拒む事例が増えていると云う。また、住民の意識の変化により地域活動への参加が消極的となっており、奉仕活動である民生委員のなり手がいないと云う問題もある。民生委員云々の前に、人間はお互いに助け合いながら生活している。助け合いの中に絆が生まれ人間性が育まれると思う。今度の大震災で地域の絆の大切さが分かったはずである。みんなで住み良い地域にしたいものである。